FC2ブログ
最近、澄み切った青空の日が続き、主婦の方や外仕事の方はもちろん、デスクワークの方も青空を見ると嬉しい気分になるのではないでしょうか。
さて、明日はハロウィンですね。ハロウィンは、もともとヨーロッパを起源とし、秋の収穫を祝い悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事だったそうです。
ハロウィンで主役となるカボチャですが、これは悪霊から守ってくれる番犬、お守りの意味があるそうです。そして、中にロウソクで火を灯すのは親族の霊を迎え入れるための目印だそうです。
ハロウィン3


 ASJ新潟上越スタジオには、会員様向けの月刊誌、A-Style#095が届きました。
  #095

表紙を見ていただいてどうでしょうか。
何、白い四角い箱を置いてあるだけ(?_?)と思われる方や中はどうなってるの(?_?)と不思議に思われる方がいると思います。
こちらのお宅「外に閉じ、中に開く」という最重要ポイントを基に造られました。というのも…
ご主人は、外からの視線をカットしたプライベート空間を希望し奥様は開放的な空間を希望されたからです。
それを叶えた家が外から見ると白い箱を置いたような家になるのです。

  ココロハウス1
家の中は、中庭を設けてあるので、人目を気にせず窓を開け開放的な空間を楽しむことができます。また、1階と2階でカタカナの“コ”の向きを変えたことにより、光が降りそそぎ気持ちのいい風が家じゅうに吹き渡ります。

社宅に住んでいたご夫婦が夢見ていた理想の家。ハウスメーカーから提案を受けもしましたが、イメージがあわずインターネットで偶然目にしたASJ。縁とは不思議なもので登録して家づくりの相談をはじめると、イメージにピッタリの建築家に出会えたり、希望エリアに土地が見つかったり…
ご夫婦の理想の家への実現の強い思いが、縁を引き寄せたのかもしれません。

皆さんもASJに登録して、理想の家づくりへの一歩を踏み出してみませんか。

関連記事
スポンサーサイト
今日は恵比寿講です。10月は全国各地の神様が来年のことについて話し合いを山口県(出雲)行うため、神様がいなくなる月で神無月。しかし山口県は神様が集まるので神在月と呼ばれます。
しかし、家じゅうの神様がいなくなるわけではなく、留守番をしてくれる神様がいます。それが恵比寿神、金毘羅神、かまど神、道祖神などです。
この、留守番をしてくれる神様に対し感謝しおまつりするのが、恵比寿講です。
春と秋にあり、春(1月)は商人えびす。秋(10月)は百姓えびすと呼ばれることもあるそうです。

ASJのしくみについて、これまで2回説明してきました。
今回はASJへ登録した際のメリットについてご案内したいと思います。
大きく分け7つのメリットがあります。

1.安心して利用できるプランニングコース
  …こちらはASJだからこそのものなので、改めて説明したいと思います。

2.ASJ情報誌のお届け
  …ブログでも紹介していますA-Style(毎月)とA-Collecion(年3~4回)をお届けします。

3.専門誌の貸出
  …こちらもブログで紹介させていただいています。
  (書店で購入すると高いのは4000円くらいするんですよ~)

4.各種セミナー・スクールへの参加
  …建築家の選び方や住まいとお金の相談会などが無料で受講できます。(開催の際はご案内を差し上げています)

5.土地探しのお手伝い
  …希望地や予算を教えていただければ、当スタジオでもお探ししご連絡します。

6.会員様専用サイトの利用
  …会員になるとASJで手がけた全国各地の物件を見ることができます。

7.スタジオ施設の利用
  …ASJ新潟上越スタジオでは、建築家のプロフィールや作品の他、ASJ新潟上越スタジオで手がけた一部の物件をご覧いただけます。

もっと詳しくしりたいという方は、フリーダイヤルまでご連絡ください。
関連記事
以前、ASJの仕組み(基礎)について、ご案内しました。(ASJのしくみ、カテゴリからご覧ください)
今回は、建築家、スタジオの関係性について説明したいと思います。

次の図をご覧ください。
ネットワーク (800x449)

左から建築家、ASJ、建設会社(スタジオ)のイメージです。建築家とASJ、建設会社(スタジオ)が横に並んでいます。

「会員(お客様)のために、
   対等な立場で意見を共有しましょう。」
という意味です。

株式会社 笠原建設は、ASJ新潟上越スタジオのみ管理しているので、一つの建設会社で1つのスタジオを運営しているという意味です。
会員、建築家、建設会社がタッグを組み、会員の理想とする家を造り上げていく。ということがご理解いただけるのではないでしょうか。
また、建築家のみ、建設会社のみよりも、お引き渡しまでの確認作業も2重、3重のチェックとなり会員の安心も高まりますし、お互いに確認することで言った言わないというトラブルを防ぐことが出来ます。
では、ASJ会員になると他にどんなメリットがあるのでしょうか・・・

このことは、また改めてご案内したいと思います。
関連記事
 今日は、寒露です。梅雨が冷たい空気と接し、霜に変わる直前で紅葉が濃くなり夏鳥と冬鳥が交代する時期といわれています。それを証明するかのように、今朝は冷え込みましたね。
 体調を崩さないようにお気を付けください。

ASJ新潟上越スタジオでは、先週末10月4日(土)、5日(日)の2日間糸魚川市で古民家の改修。オープンハウスを行いました。
皆さんにもご覧いただきたかったのですが、たくさんの方が一度に来られるとお引き渡し前の施主のご厚意により実現したことなので、傷がついたりして施主にご迷惑をかけてはいけないということでお知らせしませんでした。
ですので、写真でご紹介したいと思います。

完成前(引っ越し準備中)
 R0033021.jpg

完成予想
 04完成予想図 (800x633)

そしてリフォーム後がこちら!
 DSC00005 (800x600)
 2014-10-03 (800x600) - コピー
どうですか。窓際の隣にサンスペースがあるのですが、電気をつけないでも光が差し込むリビングになりました。

二間続きの和室も
 DSC00011 (800x600)
ご覧のように暗い感じはありません。
どの部屋も光と風を存分に取り込める、これからも長く安心して暮らしていける家になりました。

会員になるとお知らせの文書をお送りしますので、実際にご自身の目で確認することが出来ますよ。
興味のあるかたはぜひ、フリーダイヤルまでご連絡ください。

関連記事
スタジオに貸出書籍の最新号が届きました。
  DSC00006 (800x628)

右手奥から順番に時計まわりで紹介しましょう。

I'm home.
 庭を「楽しむ住まい」が紹介されていて、表紙にも玄関へと続くアプローチのある家の庭になっています。
そのほかには、「地震から住まいを守る」ということで耐震・免震・制震の違いのほか、家の大事な土台となる地盤の違いに地震にどのような影響を与えるのか…などが紹介されています。

LiVES
 リノベーション特集です。
一戸建て、マンションのほか、ビルや電車?まで…いろいろな工夫が施されたリノベーションが紹介されています。
また、リノベーションのメリットとデメリットなども載っていてリノベーションを考えている方には参考になる書籍です。

住宅特集
 専門書に近くなるかもしれませんが、「建築・建設の現状と課題-2020年とその先」と題して、37組の建築家が現在そして将来の建築や建築家の状況について話をしています。一人ひとりの考え方を読み進めていくと興味深く考えさせられます。

新建築
 廃校になった校舎を利用して造った氷見市庁舎や同じ新潟県の八海山雪室など、既存の建物や自然を生かした建物が紹介され、間取りなども載っていて大変興味をひきます。そばに建物があったら入ってみたい。実際に見てみたい。と思う建物が多いです。

Sumai
 「真似したい!とっておきキッチンBEST10」として、実際のお宅で使用されているキッチンが紹介されています。一人ひとりのキッチンに対する思いやどのように使いたいのか。によっていろいろなキッチンがあります。また、最新のキッチンとバスも紹介されています。

みなさんは、どの本を見てみたいですか?
会員様はいつでも貸出することが出来ますので、興味がありましたらご連絡ください。
関連記事
今日から10月。衣替えですね。
今朝のTVで聞いたのですが、衣替えは平安時代の宮中行事、更衣(こうい)からはじまったといわれているそうです。
今は6月と10月に行われる所が多いようですが、旧暦の4月と10月(現在の5月中旬と11月上旬)に行われていたそうです。
衣替えの時期となり、温かみのある色や生地の服装を着た方を見ると本格的な秋になって冬が近づいてきているのを感じます。

さて、新潟上越スタジオには、A-Style #094が届きました。
今回は“和”特集です。建築家というと洋風のイメージが強いかもしれませんが、和風住宅も手がけています。

表紙はこちら・・・
   #094
足を踏み入れたくなる家。出迎えてくれる家。という感じがしますね。

こちらは、家の全体像。
 DSC00006.jpg
平屋に見えますが、2階建で2階部分は子供部屋兼物置となる広々とした部屋があります。

上で紹介したのは、新築ですが他にも築200年以上のリノベーション住宅や福井県に建つ築60年の民家改修などが掲載されています。

和風住宅を建てたい方。今ある家をリフォームしたい方。
ぜひA-Style #094をご覧ください。
関連記事