FC2ブログ
 今日で4月も終わり。天候ははっきりしない日が多かったものの、気温は平年に比べると高い日が多かったようですね。
月末に来て晴れ間が続き、布団を干したり窓を開けての掃除はもちろん、お出掛けするのも気持ちのいい天気ですね。
 GWになりますが、外に出かけられる方は交通事故等にあわないよう。おこさないよう。お過ごしください。

 さて、スタジオにはA-Style#101が届きました。
   #101
 今回は自分が通った園に子供を入れたいと考えたものの具体的なイメージが全くなかった方や、遊牧民のような施主が住む家。神社と公園の緑を活かして造られた家など掲載されています。
 当スタジオのイベントにも参加されたことのある藤原先生、室先生の設計した家も掲載されていますので、是非ご覧ください。
関連記事
スポンサーサイト
 今日は二十四節季のひとつ穀雨です。春の柔らかな雨が農作物に潤いを与えることから、この時期に種を撒くと雨に恵まれよく成長するといわれています。 
 天気が日々変わり、高田の桜もあっという間に葉桜になってしまいました。ただ、周りを見るとそちらこちらに花々が咲いていて、気持ちを柔らかにしてくれます。
 気温差も大きく服装や体調管理が難しいかと思いますが、風邪をひかぬようお気をつけください。


 さて、年3~4回発行されますA-Collectionが発行されました。
今回は“018”になります。
  a-col018 (236x334)

 今回も全国2600名の建築家の中から、10組の建築家作品が紹介されています。
10組の建築家の中には、これまでに当ASJ新潟上越スタジオのイベントに参加された建築家2組が紹介されています。

 まずは、「藤原・室 建築設計事務所」の藤原 慎太郎さん、室 喜夫さんの設計。
高知県の黒湖町に二世帯住宅として建設された「黒湖町の家」です。
  藤原・室 黒湖町の家(高知県)-3 (534x800)  藤原・室 黒湖町の家(高知県)-2 (800x533)

 続いて、「カシワギ・スイ・アソシエイツ」の柏木 学さん、柏木 穂波さんの設計。
愛知県に建築された「廻庭(めぐりにわ)の家)」です。
 DSC00045 (800x708)
 DSC00042 (800x581)

 他にも山形県や岐阜県といった新潟と同じ雪の降る地域に建てられたお宅も紹介されています。全10件、施主の要望に応えるべく建築家が様々な工夫を凝らして設計した家をご覧ください。

 会員様の所へは、発送準備が整い次第お送りいたしますので、もうしばらくお待ちください。
関連記事
 今日4月8日は「出発の日」です。新潟県は昨日入学式が行われた所が多かったようですが、入園、入学、進級にピッタリの日ですね。
 4月は始まりの季節。会社にお勤めの方も心機一転今年の目標に向かって進むのにいいですね。

 さて、前回ご紹介できなかった貸出書籍を案内したいと思います。

 まずは、 I'm home から
   DSC00003 (621x800)
 こちらは、日本だけでなく外国のお宅の部屋も紹介しています。お部屋のインテリア。模様替えや家具の配置や小物を飾るのが好きな方が多くなってきましたね。
 そんな方は、きっとこの本を眺めているだけで笑顔(^^)になってしまうのではないでしょうか。
 例えば和室。今、LDKの一角を和室にされる方に…部屋の襖(ふすま)を洋風に変えてみるのはいかがでしょうか?
こんな感じで…
   Im home-1 (800x611)
 どうでしょうか?これなら、和にこだわらずいろいろ楽しめそうですね。
また、今回は空間カラーコーディネートと題して色の組み合わせについても載っていますので参考にできそうです。
I'm homeを見て、自分好みのインテリアコーディネート楽しんでみてはいかがですか?


 続いて紹介するのは、LiVES(ライヴス)です。
   DSC00008 (598x800)

 今回のテーマ 「30代、僕たちらしい家と暮らし」として12件のお宅が紹介されています。円筒形の筒が家にくっついたような家を建てた方やテラスハウスをリノベーションした方。さらに14坪の土地に7.5坪の家を建てた方。なかには3階建ての住宅に30~50代の6世帯が入居している家も紹介されています。
一人暮らしから単世帯、二世帯、多世帯と紹介されている物件も様々ですが、それぞれにこだわりを感じることが出来ます。
 あわせて、前回ご紹介したSumai(スマイ)でもペットと共生する家が紹介されていることをお伝えしましたが、LiVESでもペットと共生する家が紹介されています。家族の一員として家族だけがのびのび暮らすのではなく、ペットものびのびと暮らせる家を考えて造られたお宅です。Sumaiとあわせてご覧ください。
関連記事
 今日は、全国的に天気がぐずついているところが多いようですね。調べてみたところ寒の戻りの特異日だそうです。何(?_?)と思われた方もいるのではないでしょうか。
実は…「寒の戻りが起こる確率の高い日。
 寒の戻りとは、春になって気温が上がる時期に突然やって来る寒さのことで、大陸からの寒波・北東気流による冷え込み・移動性高気圧による夜間の冷え込み等によって起こります。」だそうです。
昨日の雨で桜の満開が木→路面に変わってしまった所も多いのではないでしょうか。
開花が始まったばかりの所やこれから開花する所では、今後の天気に期待したいものですね。

 さて、新潟上越スタジオには3月末発行の貸出書籍が5冊届きました。
今回はまとめてではなく、1冊ずつ紹介していきたいと思います。

 まずは、「新建築」から…
   DSC00010 (595x800)
 今月号では、この4月に「子ども・子育て支援新制度」施工されたのに伴い、主に保育の場ということで、東京都の他、宮城県や、新潟県、三重県、福岡県など全国13都府県から19の保育園が紹介されています。
地域の特性を活かした子供が子供らしくのびのびと元気に過ごせる保育園をご覧ください。

 続いて紹介するのは、「住宅特集」です。
   DSC00001 (593x800)
 こちらでの特集は木造の可能性ということで木造住宅が紹介されています。18件の様々な木造住宅の中で気になったのが高床の段の名がついたお宅です。
 通常高床というと1階部分がコンクリートをイメージされる方が多いと思いますが、こちらのお宅1階部分の柱も全て木で出来ているお宅です。木で出来ているからこその工夫もたくさんあります。
 他にも様々な工夫を用いて造られた木造住宅が紹介されていますので、ぜひご覧ください。

 次は「Sumai (すまい)」です。
   DSC00005 (594x800)
 主婦の城ともいわれるキッチン。そして、最近室内で犬や猫を飼う人が増えましたね。それも小型犬だけでなく中型犬やなかには大型犬と一緒に家の中で過ごす方まで・・・ペットと一緒にお互いが暮らしやすい家が紹介されています。
 新築やリフォーム後ペットを室内で飼う予定の方は、ペットを飼っている方でないとわからないちょっとした工夫。例えば猫ならキャットウォークや爪とぎ、犬なら足洗い場や滑りにくい床などが載っていますので、ちょっとのぞいてみて下さい。

 さて、あと2冊ですがここまで長々と説明してきましたので、次回にしたいと思います。
「I’m home」 と 「LiVES」です。
お楽しみに…
関連記事