FC2ブログ
 数日前に日本一の気温(38.5℃)を観測した上越ですが、今日は朝から雨が降り続いています。
適度な雨は人間や動物だけでなく作物も生き生きさせますね。
 
 さて、スタジオには貸出書籍のひとつ。CASABELLA(カサベラ)が届きました。
CASABELLA849.jpg

 今回は美術絵が表紙を飾っています。イタリア フィレンツェにある美術館が紹介されているからでしょうか。
絵画に興味のある方は、全部ではありませんが写真が載っていますので少しでも楽しんでもらえたらいいな。と思います。
また、アメリカのホイットニー・アメリカンアート美術館も掲載されていますので、あわせてご覧ください。

 ほかに驚きなのが、ブラジルの海岸に造られたお宅です。海に面したお宅は外観からみると海辺に建つ素敵な家。
ところが、中に入ると…
DSC00001 (800x596)
どうでしょう。もともとあった岩場をそのまま活かした造りになっているのです。岩の上にコンクリート壁を造る際は土台部分がいびつなので相当苦労したのではないかと思います。
 建てた場所に対する深いこだわりを感じますね。


 現在、イタリア ミラノではミラノ万博が開催中(~10月31日)で会場の航空写真が掲載されています。
日本でも愛知万博の際は大変な人出でしたから、きっとミラノの万博会場もたくさんの人でにぎわっていることと思います。
ミラノ万博の日本館公式サイトはこちらからご覧いただけます。(ミラノ万博 日本館公式サイト
日本の食・伝統文化・伝統技術・自然をたくさんの方から知っていただくいい機会ですね。
日本人である私たちも改めて日本の良さを感じることができるサイトです。

 ASJ新潟上越スタジオには、CASABELLAのほかにも書籍があります。
新築・リフォーム問わず家やインテリアに興味をお持ちの方で、本をご覧になりたい方はご連絡ください。

 なお、当社では建築家と一緒の家づくりを行っております。
土地のみの紹介や不動産会社のみの紹介は行っておりませんので、ご了承ください。

関連記事
スポンサーサイト
 来週7月7日(火)は七夕です。天気は晴れ予報が出ています。皆さんはどんな願い事をしますか?
また、この日は“小暑”でもあります。暑さがどんどん強くなっていくという意味があり、この頃から暑さが本格的になってきますが、梅雨の終わる頃で、集中豪雨が多く発生する時季でもあります。

 梅雨が明け、強い日差しと共に気温が一気に上がる時季のため、体調を崩しやすくなる頃でもあります。天気予報やニュースで「小暑」という言葉を耳にしたら、本格的な夏を迎える合図だと思って下さい。
暑さを乗り切るために、しっかり食べて 体力をつけておきたいですね。

 この頃は蓮の花が咲き始める頃でもあります。
ハス
 高田公園の「上越蓮まつり」は7月24日(金)~8月16日(日)までですが、すでに1輪、2輪咲いているのを確認できます。お昼頃には花は閉じてしまいますので、お出掛けは午前中がおすすめです。

 さて、ASJ新潟上越スタジオには貸出書籍3冊(住宅特集、住宅建築、新建築)が届きましたので、紹介したいと思います。

 まずは、住宅特集
  住宅特集
 今回紹介されているのは、2方向を公園に囲まれた家やカラーガラスが使われている家。道路に面しており、プライベートを守るため造られた直角三角形の家など全17件のお宅です。様々な工夫が施された家をご覧ください。

 続いて住宅建築です。
  住宅建築
 木造住宅を中心に掲載されていますが、今回は沖縄の鉄筋コンクリート3階建ての住宅団地が載っています。
その他、木造住宅の良さと美しさについて、先人の知恵とともに紹介されています。

 最後に新建築です。
  新建築
 表紙を飾るのは大分県立美術館(OPAM)です。1階前面道路側はガラス戸のため開け放つと出入り自由なパブリックスペースとなります。3階部分は県産スギ材を使い竹籠のような格子で覆われていて目をひきます。
 ほかに2015年5月1日から開催されたミラノ国際博覧会や長野県の道の駅ファームス木島平など全15の建物が紹介されています。

 今回の3冊。専門的な部分が多いかもしれませんが、「自分の家に取り入れたい。」と思う部分や同じような環境で参考になる所があるかもしれません。
 手にとってご覧になってみてください。
関連記事
 今日でブログをはじめて1年になりました
たくさんの皆様にご覧いただき、支えられやってこれました。ありがとうございます
これからも、ASJ新潟上越スタジオをよろしくお願いします

 さて、スタジオには会員向けの月刊誌“A-Style #103”が届きました。
   #103
 表紙に写っているのは、自宅駐車場。チョークで落書きしたり奥にはブランコで遊んでいる子供たちの姿も見えますね。
通常は前後に2台分の車が停められますが、空いている時間は子供が思いっきり遊べる場所になるのはいいですね。

 今回の施主は、50以上の要望を建築家に伝えたそうです。そして、そのほとんどを上手に取り入れた建築家。
遊び心だけでなく実用性も考えられているため快適な生活を送られているそうです。

 みなさんも家を建てる時やリフォームする時に、たくさんの要望(希望)があると思います。話の合う建築家や担当者といつ出会ってもいいように今の自分の思いを紙に書き出して見ませんか?

関連記事