FC2ブログ
 今日は二十四節季のひとつ穀雨です。春の柔らかな雨が農作物に潤いを与えることから、この時期に種を撒くと雨に恵まれよく成長するといわれています。 
 天気が日々変わり、高田の桜もあっという間に葉桜になってしまいました。ただ、周りを見るとそちらこちらに花々が咲いていて、気持ちを柔らかにしてくれます。
 気温差も大きく服装や体調管理が難しいかと思いますが、風邪をひかぬようお気をつけください。


 さて、年3~4回発行されますA-Collectionが発行されました。
今回は“018”になります。
  a-col018 (236x334)

 今回も全国2600名の建築家の中から、10組の建築家作品が紹介されています。
10組の建築家の中には、これまでに当ASJ新潟上越スタジオのイベントに参加された建築家2組が紹介されています。

 まずは、「藤原・室 建築設計事務所」の藤原 慎太郎さん、室 喜夫さんの設計。
高知県の黒湖町に二世帯住宅として建設された「黒湖町の家」です。
  藤原・室 黒湖町の家(高知県)-3 (534x800)  藤原・室 黒湖町の家(高知県)-2 (800x533)

 続いて、「カシワギ・スイ・アソシエイツ」の柏木 学さん、柏木 穂波さんの設計。
愛知県に建築された「廻庭(めぐりにわ)の家)」です。
 DSC00045 (800x708)
 DSC00042 (800x581)

 他にも山形県や岐阜県といった新潟と同じ雪の降る地域に建てられたお宅も紹介されています。全10件、施主の要望に応えるべく建築家が様々な工夫を凝らして設計した家をご覧ください。

 会員様の所へは、発送準備が整い次第お送りいたしますので、もうしばらくお待ちください。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jyoetsu.blog.fc2.com/tb.php/59-d78f2ad4