FC2ブログ
 GWも終わりましたが、リフレッシュできましたでしょうか?
中には、仕事よりも疲れた・・・というお父さんもいらっしゃるかもしれませんね。
今日、明日仕事で土日休み。という方は仕事モードに戻るには、ちょうどいいかもしれませんね。

 さて、ASJ新潟上越スタジオには貸出書籍の最新号が届きました。
 
 「住宅建築」は、民家の魅力。として木造建築が多数紹介されています。また、伊勢神宮の宮大工を3回つとめられた宮間さんの話も載っています。
  住宅建築 6月号
 木造建築、民家に懐かしさを覚える方は多いのではないでしょうか。
 住宅の雑誌を眺めていて自然と木造建築に目がいってしまう…という方は、ご覧になってみてください。

 続いては「新建築」です。
  新建築 5月号
 最近話題になっています成田国際空港 第3旅客ターミナルビル(LCC専用ターミナル)が紹介されています。
第2ターミナルから第3ターミナルの連結通路は500mにも及ぶため、歩行する負担を緩和するために陸上競技で使用されるゴムチップを用いたり、ローコストに抑えるために天井部をむき出しのままにしたり、吹き抜けをなくしたり…様々な工夫がされています。
 ほかには、東京日本橋タワーや陸上競技場、道の駅駐車場トイレなどの公共施設が掲載されています。

 最後に「住宅特集」です。
  住宅特集 5月号
 特集は建ち方。一言に建ち方といっても敷地の形状や内側の論理からだけでなく、街並みや風景との関係など建てる際に考える点はいくつもあると思います。
 敷地の形状はもちろん、住む方の生活様式、周辺住宅との調和、周辺景色との調和など建築家は施主の話とあわせて様々な角度から住み手にとって一番の建物となるように設計していきます。

 他に気になる記事が載っています。
それは、空家問題です。少子高齢化が進み核家族化が進んだ今、人口が減少し空家問題がいよいよ深刻になっています。
 空家に対する固定資産税も、管理がされていなければ近隣住民に迷惑がかかる。とのことから減税から除外する方向で今年度の税制改正で実現をめざしています。
 それほど、深刻になってきている空家問題。その空家を活用したコミュニティが2件紹介されています。それぞれ地域に密着していて、地域住民が活用できる場になっていることが大事なのだと感じます。
ただし、空家を全てそのような地域住民が活用できる場にすぐに出来るか。という問題はあると思います。耐震性や地域住民が活用しやすい場所にあるか。階段など高齢の方でも使いやすいか。など…
 幼い子供から高齢者まで地域住民が年齢に関係なく集まれる場所として空き家が活用出来れば、空家を管理する人も地域住民もそれぞれにいい時間を過ごせるのではないかと思います。

 紹介した3冊はASJ新潟上越スタジオに置いてあります。
会員様は無料でご覧になり、借りることもできます。

 現在ASJ新潟上越スタジオの会員でない方も、
気になる内容や記事がありましたら、ASJ新潟上越スタジオへお問い合わせください。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jyoetsu.blog.fc2.com/tb.php/61-55966a0e