FC2ブログ
今週末、24日金曜日から26日の日曜日まで3日間
「建築家展」と題して、高田公園オーレンプラザで、建築家によるセミナー&無料相談会を開催します。
初の開催場所となる高田公園オーレンプラザ。
建築家は県内県外を含め3名の方が、皆様の住宅に関するお悩みの相談にのります。
建築家との無料相談会では、例えば・・・
「家を建てたいけれど、土地探しからみてほしい」
「土地はあるけれど、高低差があったり変形している土地に、家を建てたい」
「子供が結婚して戻ってくるので、2世帯にリフォームしたい(建替えたい)」
「年齢を重ねて段差などが気になるようになってきた。今の家を使いやすくたい」
「他社にリフォームを依頼しているけれど、気になることがあるので相談したい」
など・・・新築・リフォーム・建替えなど、お客様の様々なご相談をお伺いいたします。

セミナーは3日間共通で
11:00~ 「キッチンから考える住まいづくり」
        ~ライフスタイルを支える水廻り計画~
13:00~ 「終の棲家」 
        ~50代・60代からの家づくり~
14:30~ 「リフォームか?建て替えか?どちらがいいの?」
        ~ビフォーアフターの匠による事例紹介~

が行われます。

来場はもちろん、相談、セミナーも無料です。
場所は、正面出入り口を入ってすぐの会議室ならびにその周辺を利用して、開催します。
また、セミナーを聴講された方、建築家へ住宅相談をされた方には
  ナチュラルバスセット
こちらの、ナチュラルバスセットをプレゼントいたします。
開催時間は、3日間とも10:00~17:00です。
皆様のご来場を建築家、スタッフ揃ってお待ちしております。
関連記事
連休も明けて、仕事が始まり数日が経過しました。
スタジオには、連休開けと同時に月刊誌A-Styleと貸し出し書籍が届きました。
  #149
 今回のA-Styleでは、佐賀県、富山県、徳島県からそれぞれ住宅が紹介されています。
それぞれ平面図も掲載されていますので、家づくりの参考にされてはいかがでしょうか。

5月24日(金)~26日(日)の3日間、建築家展を開催します

場所は、上越市高田公園内にある高田公園オーレンプラザ
時間は、10:00~17:00
です。
オーレンプラザでの建築家展は初となります。
建築家が設計した住宅写真パネルや模型の展示。
建築家への新築・リフォーム等の相談。
また3名の建築家によるセミナーも開催します。

相談、セミナー聴講等は無料!
さらに、相談された方やセミナー聴講された方には、プレゼントもご用意しています。
詳しい内容は、5月23日(木)発行の新潟日報asshにも掲載しますので、ご覧ください。
関連記事
先週末、3月9日(土)と10日(日)の2日間、上越市のリージョンプラザ上越にてリフォームフェアが開催されました。
参加企業53社で様々な分野の業者さんが一同に参加されるイベントです。
今年は天気に恵まれ、春のような暖かな日差しの中で大勢の方からご来場いただきました。

  イベントブース壁面

この写真は、イベントの準備の際に当社のブース壁面(一面)を撮影したものです。
反対側にも異なる建物の写真を掲載させていただきました。
試行錯誤しながら考えたレイアウトでしたが、結果的に立ち止まってご覧頂いた方やこの展示写真がきっかけにお声掛けいだいた方が多くいらしたことを嬉しく感じています。
また、たくさんの方からご登録いただきまして、ありがとうございました。

ASJ新潟上越スタジオでは、全国で活躍されている建築家の作品展示や無料相談を行っています。
イベントやセミナーを開催した際は、また足を運んでいただければと思います。
よろしくお願いします。
関連記事
2月になりましたね。
例年であれば1月半ば過ぎから2月の連休頃までは大雪のピークで、通勤通学だけでなく家の前の除雪や雪下ろしなど老若男女関係なく大変な思いをする時期ですが、今年は降っても雨なので、例年よりもゆとりのある朝を過ごされている方も多いのではないでしょうか。(スキー場の方にとっては恵の「雪」なのでしょうけれど…)

インフルエンザが猛威を振るっていますね。上越市も例外ではなく2月5日現在13の小中学校で学級閉鎖になっています。
お子様だけでなく、ご家族一人でも体調を崩すと周りも辛いと思いますので、基本的なことですが手洗い・うがい・マスクの着用は常に心がけたいですね。

さて、新潟上越スタジオには、月刊誌A-Style#146が届きました。
  #146

当スタジオ会員様には本日発送いたしました。
これまでよりも、全体の紹介される建物の数は減りましたが、一棟一棟丁寧に説明されています。
ぜひ、ご覧ください。
関連記事
今月の月刊誌はA-Style#145です。
 
  #145

高低差のある敷地形状を活かし、地下から2階までの3層で1階部分をテラスで繋いでいる独立型の2世帯住宅が今号の表紙を飾ります。
こちらの家は建替えです。転機となったのは2011年の東日本大震災。
壁面の一部が破損するなどして家の耐震性に不安を覚え悩んでいたところ、結婚間もない娘さん夫婦との同居話が進んだことでした。
娘さん夫婦とお母さんと息子、それぞれの要望や家づくりの過程などご覧ください。

その他、今月号では新春プレゼントや薬膳レシピも掲載されています。

A-StyleはASJ会員様へ毎月送付するほか、各スタジオでご覧いただくことができます。
ご興味をお持ちになりましたら、お近くのASJへ連絡をされてみてください。
関連記事